人気女優のヴィクトリア・ジャスティスが、NYのスケート場で遊ぶ姿をキャッチ。

 人気海外ドラマ『ビクトリアス』などに出演しているヴィクトリア・ジャスティスが、友人と一緒にニューヨークの屋外スケートリンクへ。
 この日のニューヨークは大雪で、屋外のスケート場だったためリンクには少し雪が積もっていたが、ヴィクトリアは片足で滑ったり、友人と話しながら滑ったりとスケートを満喫。

画像1: ヴィクトリア・ジャスティス、スケート場で悲惨な目に
画像2: ヴィクトリア・ジャスティス、スケート場で悲惨な目に
画像3: ヴィクトリア・ジャスティス、スケート場で悲惨な目に

 しかしこの日ヴィクトリアは、あるものを忘れて悲惨な目にあっていた。

あるものとは、一体何?

 彼女が忘れていたのは、ウォータープルーフのマスカラ。この日、いつものようにメイクをしっかりと施していたヴィクトリア。しかし、普通のマスカラを使っていたため、リンクで遊んでいる間にもどんどんとマスカラが落ちて、あっという間にパンダ目状態に。

画像1: あるものとは、一体何?
画像2: あるものとは、一体何?

 ヴィクトリアは、自身のインスタグラムにパンダ目の写真を公開し「ウォータープルーフのマスカラをつけるべきだったわ」とコメント。
 雪の中でもウォータープルーフのマスカラは必需品ということを学んだヴィクトリアだった。

This article is a sponsored article by
''.