『アベンジャーズ』シリーズでキャプテン・アメリカ役を演じた俳優のクリス・エヴァンスが、同役をもう演じないことをインタビューで明かした。

「降ろされる前に自分から降りるよ」

 クリス・エヴァンス(36)が、4月に公開される『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と2019年に公開される同作の第2弾をもって、キャプテン・アメリカ役を“卒業”することをNew York Times紙のインタビューで明かした。

 クリスがキャプテン・アメリカ役として初めてマーベル映画に登場したのは、2011年の映画『キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー』から。

 そこから『アベンジャーズ』シリーズのメインキャラクターであるアイアンマンに並んで、作品の重要人物として確固たる人気を築いてきた。

画像: 「降ろされる前に自分から降りるよ」

 「降ろされる前に自分から降りるよ」と語ったクリスは、今のところキャプテン・アメリカ役として同シリーズに戻ってくるつもりはないよう。

This article is a sponsored article by
''.