シミやニキビ、くすみ、クマなど、肌の見せたくない部分を隠してくれるコンシーラー。でも、いざ使ってみると、厚塗りになったりシワになったりヨレたりして、なかなか思うように使いこなせないと思っている人も多いのでは? 

 そんな人にぜひ取り入れてみて欲しいのが、人気シンガーのアデルの専属メイクアップアーティストが明かした裏ワザ。

画像1: アデルの専属メイク担当が、ヨレなくなるコンシーラーの使い方を伝授!

 メイクアップアーティストのマイケル・アシュトンは、アデルのアイコニックなキャットアイメイクを作り上げたメイクアップアーティストとしても知られる人物。アデルのほかにも、数々の人気セレブのメイクを手掛けている一流アーティスト。

 そんな彼が米メディアThe Cutのインタビューで、コンシーラーが崩れる原因について「(地肌に)コンシーラーを塗って、その上にそのままパウダーを叩くと、シワの原因になるんだ」と忠告。

 マイケルが語る解決法はいたって簡単。コンシーラーを塗りたいエリアに、前もってメイク下地のプライマーを塗るだけ。プライマーは、ファンデーションを塗る前に肌の凹凸をなめらかにしてくれる化粧下地。

 プライマーは毛穴カバーのために部分使いされることもあるけれど、これをコンシーラーを使いたい場所に下地として塗ることで、後でパウダーを叩いても、シワもできず長持ちするメイクに仕上げられるそう。

画像2: アデルの専属メイク担当が、ヨレなくなるコンシーラーの使い方を伝授!

 また、シワになりやすい目の下にコンシーラーを塗るときには、直前にアイシャドウ用の下地クリームを軽くトントンとのせておくと、コンシーラーが伸びやすくなり、ヨレたり崩れにくくなるそう。

 コンシーラーがキレイに仕上がらないと感じている人は、ぜひ彼のテクニックを試してみて。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.