シンガーのジャスティン・ビーバーが破局をウワサされているセレーナ・ゴメスに抱いている「本音」とは?

関係者いわく「まだ愛している」

 復縁のウワサから一転、ここ最近になって破局報道が出ているジャスティン・ビーバーとセレーナ・ゴメスの復縁の可能性について、ジャスティンの関係者が重要な証言を米People誌に語った。

 「ジャスティンはセレーナのことをまだ愛している。彼はセレーナとの関係を修復したいと思ってるよ。彼女のことを恋しがってる」

 同誌によると、ジャスティンの代理人は上記の証言に対するコメントは一切控えており、否定も肯定もしていないという。

画像: ©instagram/Justin Bieber Updates

©instagram/Justin Bieber Updates

 ちなみに、今年2月には別の関係者が同誌にこんなことを語っていた。

 「2人の関係はとても特別なものなんだ。2人とも前回交際していた時と比べて変わった。以前とは違う生活をしているし、今回は2人にとってすべてが順調にいっている。2人ともすごく大人になったし、何よりジャスティンはつねにセレーナがベストな気分でいられるようにサポートしているんだ」

 当初は「距離を置いているだけ」と言われていたジャスティンとセレーナだが、次第に冷却期間から完全破局に発展したことが一部で報じられている。

 2人のことをカップルとして応援するファンも多く、復縁を望むファンからは今回の新証言に歓喜の声が上がっていた。

This article is a sponsored article by
''.