映画『スーサイド・スクワッド』のジョーカー役などで知られる演技派俳優のジャレッド・レトが、この夏、ヒッチハイクでアメリカ中を旅する計画があることを明かした。

 アカデミー賞受賞経験もある大物のジャレッドが、一般人が運転する通りすがりの車などに乗せてもらって目的地まで移動するという、セレブらしからぬ旅に挑戦することを決意したのは、自身が所属する人気バンド、サーティー・セカンズ・トゥー・マーズの新作アルバム『アメリカ』のプロモーションのため。

 ラジオ番組『オン・エアー・ウィズ・ライアン・シークレスト』に出演したジャレッドは、6月から7月にかけてアメリカ東海岸のニューヨークから西海岸のロサンゼルスまでヒッチハイクで旅する予定だと告白。

 じつは、子供の頃からよくヒッチハイクをしていたという彼は、ヒッチハイキングの醍醐味について「いろいろ興味深い人や親切な人に出逢えるんだ。自分の固定概念を覆されたり、人々の繋がりを感じたりできる」と語り、今回の旅路の途中にある名所グランド・キャニオンでは、車ではなく「ロバに乗ったり、気球に乗ったりしようかな」と冒険への期待に胸を膨らませていた。

 4月6日にリリースされるアルバム『アメリカ』がチャート1位を獲得したら、これまでずっと伸ばしてきた立派なヒゲをすべて剃るとも宣言しているジャレッド。

 同アルバムの発売後はしばらくバンド活動を休止することも考えているといい、「当面の間のラストアルバムになるかもしれない」とも話しているだけに、今作にかける意気込みは相当なものとなっている。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.