ある少年がマクドナルドのマークが描かれていると思い着たTシャツが、あまりに過激すぎて母親が謝る事態に。

 事の発端は、シェリー・マクカーラーという女性の友人が、シェリーの息子アンソニーが着そうなTシャツをいくつかまとめてあげたことがきっかけだった。シェリーがもらった服を1つ1つ確認する前に、アンソニーが勝手にその中から適当に選んで着用し、そのまま登校。

 そしてその日、アンソニーが帰ってきた姿を見て母親のシェリーは絶句。アンソニーが着ていたTシャツはこちら。

画像: マクドナルドのマークだと思い少年が着たシャツ、過激すぎて親赤面

 マクドナルドの「M」が文字ではなく、女性がM字開脚した絵になっており、その下にマクドナルドの代表的なフレーズである「I’m lovin’ it」と書かれたもの。マクドナルドをパロったTシャツだけれど、息子がこんな過激なデザインの服を着て1日学校で過ごしていたことを知ったシェリーは赤面。

 Facebookでこの写真を載せたシェリーは、「本当にごめんなさい! これからは子供が学校に着ていく服はきちんとチェックするわ。アンソニーがこれを着て学校に行ってるなんて知らなかった。ものすごく恥ずかしいけど、さすがに笑っちゃったわ」と謝罪した。

 当の本人であるアンソニーは、「マクドナルドマークかと思った」と事の重大さを分かっていないようだった。

This article is a sponsored article by
''.