全身にタトゥーを入れたある男性の姿に注目が集まっている。

 先日体の90%をタトゥーで覆った男性を紹介したけれど、今回は体全体に幾何学柄のタトゥーを入れている男性を紹介。エリックという男性は、50代にして体中にタトゥーを入れた。

Ricさん(@e.r_i_c)がシェアした投稿 -

 しかも、一風変わった幾何学柄のタトゥーで、胸にはじまり、体の背面、脚、腕、そして足の甲にわたり、まるでボディスーツを着ているかのように所せましとタトゥーが入っている。その完成までの総時間は、なんと180時間。

Ricさん(@e.r_i_c)がシェアした投稿 -

 エリックが全身に入れるほど魅了された幾何学柄タトゥーは、パリのタトゥーアーティストによるもので、彼はタトゥーショップに足しげく通い、1年半以上もかけて幾何学柄の全身タトゥーを完成させたという。

Ricさん(@e.r_i_c)がシェアした投稿 -

 この幾何学柄タトゥーは、とても計算されており、体を動かすと視覚効果でタトゥーの柄も動いているように見えるという、なんとも高度なデザイン。

Lewisinkさん(@lewisink)がシェアした投稿 -

そんなタトゥーにエリックは大満足のようで、日々様々な写真をアップしている。

ちなみにエリックも虜になった幾何学柄タトゥーは、手掛けたアーティストのインスタグラムでもチェックできる。


この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.