1959年の発売以来、60年近くに渡って世界中で愛されている「バービー」人形。歴史を映し出す鏡のような存在として、女の子の憧れを一身に集めてきたバービーには、じつは、れっきとしたフルネームがある。

姉妹ショットがきっかけで注目

 バービーの本名が注目を集めることとなったのは、アメリカで毎年4月10日に祝われている「兄弟姉妹の日(Siblings Day)」に合わせてバービーの公式SNSアカウントに投稿されたあるコメント。

Happy #SiblingsDay, from the Roberts sisters!

A post shared by Barbie (@barbie) on

 バービーが彼女の姉妹であるスキッパー(写真右から二番目)、ステイシー(右)、ケリー(一番左)とともに映ったショットには「ハッピー、兄弟姉妹の日! ロバーツ姉妹より」というメッセージが。

 この「ローバーツ姉妹」という記載により、バービーの苗字がロバーツだと初めて知った人たちから、「そうだったの!? 」、「生まれて初めて知った」、「バービーって苗字あったんだ…」、「最初、誰のことかと思った! 」と驚きのリアクションが寄せられた。

A post shared by Barbie® (@barbiestyle) on

 これにより、「バービー」のフルネームにも注目が集まることに。

 バービーの本名は、「バーバラ・ミリセント・ロバーツ(Barbara Millicent Roberts)」

 公式情報としてウィキペディアなどにも記載されているものの、こちらもあまり広く知られておらず、子供の頃から親しんできたバービーに正式な本名があったことに衝撃を受ける人が続出している。

 「バーバラ」という名前の由来は、バービー人形を製造・販売しているマテル社の共同創業者の1人の娘バーバラにちなんだもの。それを親しみを込めて短縮した「バービー(Barbie)」というニックネームが商品名として採用された。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.