先日亡くなったアヴィーチーとコラボしたDJのスターキラーズが、アヴィーチーの死後、未発表のコラボアルバムを公開。しかしファンが喜んだのもつかの間、追悼かと思われたアルバム公開に売名だった可能性が出てきた。

 日本時間4月21日に訪問先のオマーンで遺体として発見されたアヴィーチー。

 アヴィーチーは2009年にDJのスターキラーズと共にアルバムを作っており、未発表となっていたこのアルバムを、アヴィーチーの訃報を聞いたスターキラーズがYou Tubeに公開した。

 スターキラーズは、自身のツイッターでアルバム公開を明かし、「アヴィーチー、恋しくなるよ。これは僕たちが2009年に作ったアルバムだ。ラスベガスではたくさんの忘れられない時間を共にした。これは僕らが一緒に作り上げた世界だ。君が安らかに眠れる場所を見つけられることを願っているよ。ブラザー」と、追悼コメントを添えた。

アヴィーチーの死を利用しているとバッシング

 しかし追悼だと思われていたこのアルバム発表。じつはアヴィーチーの死を利用した売名行為ではないかという疑いが出ている。


 疑惑の発端は、DJ兼音楽プロデューサーであるTegiがスターキラーズとのDMのやり取りをツイッターで公開したことから。

 「アヴィーチーや彼のマネージャーを嫌い、彼の曲『ブロマンス』の文句を言っていた君がアヴィーチーの未発表アルバムを出すのはなぜだ?腹黒いって思われてもおかしくないと思わないか?」とTegiが問いただすと、スターキラーズは、「これは彼のアルバムじゃなくて僕のアルバムだ。アヴィーチーはただのプロデューサー」と反論。「ティム(※アヴィーチーの本名)のことは嫌いじゃなかったよ。僕が自分のアルバムをリリースできることを祝福してるんだ」と主張し、「このアルバムをネガティヴなものにしたくない。聴いて分かるように、最高の出来だからな」と語った。


 しかし納得がいかなかったTegiが、「なぜアヴィーチーが死んだ後に音源をリリースしたんだ?彼の死を利用しているようだ」とさらに問うと、「彼の死こそ、この音源を出す唯一の方法だったからさ。だから音源を公開するよ」と返答。

 実はアヴィーチーとスターキラーズはクレジットの問題で揉めており、今回公開されたアルバムも発表されることが許されていなかったと言われている。

 Tegiがこのやり取りのスクリーンショットを公開すると、EDMファンを中心にスターキラーズのアカウントは炎上。Tegiは現地時間の22日に「明日の夜のライブフィードで何があったか話すよ」と予告したが、こちらもSNSアカウントを宣伝する売名行為として火に油を注ぐ事態となっている。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.