シンガーのクリスティーナ・アギレラが、かつて子役時代にTV番組『ミッキー・マウス・クラブ』で共演していた俳優のライアン・ゴズリングの恋愛事情について明かした。

子役時代を振り返って

 クリスティーナ・アギレラが、米人気トーク番組の名物コーナー「あいのりカラオケ」に登場。そこで、子役時代にディズニー・チャンネルの番組『ミッキー・マウス・クラブ』に出演していた頃の話について語った。

 すでにご存じの方も多いと思うが、クリスティーナは同番組でシンガーのブリトニー・スピアーズやジャスティン・ティンバーレイク、映画『ラ・ラ・ランド』の俳優ライアン・ゴズリングらと共演していた。

画像: 上の一番右端から順に時計回りに、ジャスティン、クリスティーナ、ブリトニー、ライアン。

上の一番右端から順に時計回りに、ジャスティン、クリスティーナ、ブリトニー、ライアン。

 しかし、ジャスティンやライアンといったイケメンに囲まれて「色恋沙汰もあったのでは?」と聞かれると、クリスティーナは「私にはそういうのはなかった」ときっぱりと否定。ただし、ライアンは違ったようで…。

 「ライアンがブリトニーに恋していたことは知っていたわ」

 実は、ライアン自身も過去に英Glamour誌のインタビューでブリトニーへの恋心について認めており、「ブリトニーはとても素敵な子だった。彼女は僕の真上に住んでいて、僕にとっていわゆるガール・ネクスト・ドア(理想の女の子)だった」と話していた。そんなライアンの片思いはどうやらクリスティーナにもバレバレだったようだ。

画像: 子役時代を振り返って

 ちなみに、クリスティーナいわくジャスティンは10代の頃から「かっこよかった(Swag)」とそう。 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.