知人に贈るバースデー動画を撮影していた俳優のヒュー・ジャックマンが「無責任ヒーロー」のデッドプールに邪魔されるという面白ハプニングが。

 あるホテルの一室で、バスローブ姿でバースデーメッセージを収めた動画を撮影しようとしていたヒュー。するとどこからともなく、名作ミュージカル『アニー』の主題歌「トゥモロー」を口ずさむ男性の声が…。

 その正体は、なんと俳優のライアン・レイノルズ扮するヒーロー、デッドプール!

 ベッドに寝そべり、美声を披露するデッドプールのお邪魔虫ぶりと、「コイツには注目しなくていいから!」と軽くあしらうヒューのやりとりがじわじわくる動画がコチラ。

 大ヒット中の出演作『グレイテスト・ショーマン』にかけ、「心を込めたバースデーメッセージを撮影しようとしていたのに、“最もグレイテストではないショーマン”に邪魔されたとき」と皮肉たっぷりにこの動画を紹介していたヒュー。ライアンとは2009年公開の映画『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』での共演以来仲が良いことで知られており、過去にも何度もSNS上でお互いにちょっかいを出し合っている。

画像: 2009年、映画『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』のロサンゼルス・プレミアにて。

2009年、映画『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』のロサンゼルス・プレミアにて。

 以前、ヒューがツイッターを通じて22年間連れ添う最愛の夫人に愛のメッセージを送った際も、「(夫人との結婚生活は)最高でも3カ月くらいしか続かないと思ってたけど、僕の予想が間違っていたようだね」とユーモアたっぷりにコメントして笑いを誘っていた。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.