セレーナ・ゴメスがSNSに投稿したあるコメントが、一部のファンのあいだで「ジャスティン・ビーバーにあてたものなのでは?」とウワサされているが果たして…?

意味深コメントで憶測呼ぶ

 先日、シンガーのセレーナ・ゴメスがインスタグラムに投稿した「いけないとわかっていても、あなたのことを抱きしめたい」というメッセージをめぐって、様々な憶測が飛び交っている。

I wanna hold you when I’m not supposed to...

Selena Gomezさん(@selenagomez)がシェアした投稿 -

 問題の投稿の数日前、新曲「バック・トゥ・ユー」のリリースを告知していたことから“新曲の歌詞の一部”という見方が最も有力視されているが、一部で約1ヵ月前に完全破局したことが報じられた元恋人のジャスティン・ビーバーへの思いを綴ったものだと主張する声も。

画像: 意味深コメントで憶測呼ぶ

 真相はセレーナにしかわからないが、仮に今回のメッセージが歌詞の一部だったとしても、あえてこの一節を選んだことになにかしらの意図や理由があったことはたしか。少なくとも、ぱったりと交流が途絶えてから1ヵ月以上が経過した今もセレーナとジャスティンの復縁を信じるファンは、今回のメッセージを前向きに捉えたようだ。

This article is a sponsored article by
''.