ハリウッドでアジア系女優を積極的に起用しているヒットドラマ。それが、マーベルNo.1評価のテレビシリーズ『マーベル エージェント・オブ・シールド』。

 4月28日(土)にディーライフで新シーズンの無料初放送がスタートする同作は、テレビ業界で、「アジア系」さらに「女性」の描き方を変えている!

画像: 『マーベル エージェント・オブ・シールド』シーズン4は4月28日よりディーライフで無料初放送。© ABC Studios & MARVEL

『マーベル エージェント・オブ・シールド』シーズン4は4月28日よりディーライフで無料初放送。© ABC Studios & MARVEL

ハリウッドでなかなか活躍できない
「アジア系」と「女性」

 白人を優先したキャスティングが問題視されるハリウッドでも、アジア系俳優の起用率はマイノリティー中で最低数

 2015年のトップ100映画の中で、セリフのあるアジア系俳優が一人も登場しない作品は49本と、黒人/アフリカ系俳優の17本を大きく上回った。また、主役にアジア系俳優を起用した作品はゼロという結果。

画像: 『マーベル エージェント・オブ・シールド』のメインキャストであるアジア人ハーフのクロエ・ベネットは、名字を本名のワンからベネットに変えたところ役が決まりだしたと明かし、ハリウッドの差別的な体制を 批判 している。

『マーベル エージェント・オブ・シールド』のメインキャストであるアジア人ハーフのクロエ・ベネットは、名字を本名のワンからベネットに変えたところ役が決まりだしたと明かし、ハリウッドの差別的な体制を批判している。

 女性の起用もまだまだ少なく、セリフのある役は男性が70%前後・女性が30%前後という数字は、2007年からまったく変わっていない。

ハリウッドを変えている
『マーベル エージェント・オブ・シールド』とは

 「アジア系」と「女性」の少なさが問題視されているそんなハリウッドを変化させているのが、4月28日にディーライフで新シーズンの無料放送が始まるドラマ『マーベル エージェント・オブ・シールド』。

画像1: © ABC Studios & MARVEL

© ABC Studios & MARVEL

 『マーベル エージェント・オブ・シールド』は、マーベル映画『アベンジャーズ』のスピンオフドラマで、アベンジャーズを集結させたフィル・コールソン率いる国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.の活躍を描く。

 入り組んだストーリー設定とアクションと共にマーベル・ワールドを連続ドラマで楽しめる同作は、辛口批評サイトのロッテントマトで、マーベルのテレビ作品中1位、マーベル全体では2位という、超高評価を得ている人気作。(※4月23日のデータ)

画像: ハリウッドを変えている 『マーベル エージェント・オブ・シールド』とは

脱ステレオタイプ
「アジア系」と「女性」が人気を支える

 そんな『マーベル エージェント・オブ・シールド』の人気を引っぱるのが、アジア系女優を中心とした女性キャスト。

 エースパイロットであるメリンダ(ミン・ナ・ウェイ)、地震級の能力を持つスカイ/デイジー(クロエ・ベネット)、格闘技と棒術の達人ボビー(エイドリアンヌ・パリッキ)、研究者のジェマ(エリザベス・ヘンストリッジ)など、女性陣がシールドのエージェントとして活躍する。

画像2: © ABC Studios & MARVEL

© ABC Studios & MARVEL

 ここで注目したいのが、今挙げた女性がすべて、知性や強さが目立つキャラであること。“誰々のロマンス相手”や“主人公を支えるアシスタント”という役どころではなく、女性たちがスーパーヒーローのような主要キャラとして描かれている。

 これが実現した背景には、ドラマ制作陣の「アジア系」や「女性」を特別視しないというこだわりがあった。

 エグゼクティブプロデューサーのモーリサ・タンチャローエンは、アジア系を多く起用していることについて、「多様性に力を与えるために多様性を強調しない、というのが私たちのやり方です。(中略)人間は人間なのですから」と語っており、この考え方が、人種や性別にとらわれないキャスティングやストーリー設定につながり、それが、アジア系も含めた強い女性キャラの登場に繋がっている。

画像: 『マーベル エージェント・オブ・シールド』の女性キャストとエグゼクティブプロデューサーのモーリサ・タンチャローエン(中央)。

『マーベル エージェント・オブ・シールド』の女性キャストとエグゼクティブプロデューサーのモーリサ・タンチャローエン(中央)。

ドラマの人気を支える
女性キャストたち

 そんな『マーベル エージェント・オブ・シールド』で活躍する、女性メインキャストがこちら。

画像3: © ABC Studios & MARVEL

© ABC Studios & MARVEL

スカイ/デイジー・ジョンソン
(クロエ・ベネット)

ハッカーの腕を買われてシールドの一員になるスカイ/デイジーは、その後、ある能力を開花させてシールドの優秀なエージェントへと生まれ変わり、シリーズと共に成長を見せる。演じる女優のクロエ・ベネットは中国人ハーフで、『エージェント・オブ・シールド』でブレイク後、ハリウッドの人種問題について積極的に声を挙げている。

画像4: © ABC Studios & MARVEL

© ABC Studios & MARVEL

メリンダ・メイ
(ミン・ナ・ウェイ)

武術の達人で、エースパイロットで、兵器の専門家。とにかく強すぎなメリンダは、ストーリーが進むにつれて色濃い過去も明かされ、感情移入は避けられない。演じるミン・ナ・ウェイはマカオ生まれ・アメリカ育ち。45歳オーバーの女優には活躍の場が少ないと言われるハリウッドで、54歳という年齢を感じさせないパワフルなアクションを見せる。

画像5: © ABC Studios & MARVEL

© ABC Studios & MARVEL

ジェマ・シモンズ
(エリザベス・ヘンストリッジ)

生命科学の専門家であるジェマは、大学を3年も早く卒業してシールズに加入したチーム随一の天才。明るく天真爛漫なキャラだが、それも、ある事件をきっかけに少し変化する。それを描いたシーズン3第5話は、The Atlantic誌に「2015年のテレビ界で最高の出来」と評された。エリザベス・ヘンストリッジはイギリス人女優で、本作でブレイク。

画像6: © ABC Studios & MARVEL

© ABC Studios & MARVEL

バーバラ・“ボビー”・モース
(エイドリアンヌ・パリッキ)

シールドのスパイとして活躍。人を騙すことが上手い諜報活動のプロで、スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウと比べられることも。シーズン3までの出演だが、ファン人気が高いキャラ。演じるエイドリアンヌ・パリッキは格闘技と銃の訓練を受けており、本作でそのスキルを披露。2011年には、お蔵入りしたワンダーウーマンのテレビシリーズの主演に起用されたことも。

 準レギュラーにも女性キャラは多く、シールドと敵対する特殊部隊の指揮官ロザリンド・プライス(シーズン3)や、悪の組織ヒドラを扇動する悪役マダム・ヒドラ(シーズン3~4)など、パワフルで重要な役に女性が次々登場する。

画像7: © ABC Studios & MARVEL

© ABC Studios & MARVEL

 「アジア系」そして「女性」の描き方を変えていて、しかもドラマファンの評価も高い『マーベル エージェント・オブ・シールド』。

 最新シーズンであるシーズン4は、4月28日から毎週土曜21時に全国無料のBSテレビ局ディーライフにて無料初放送が始まる。

『マーベル エージェント・オブ・シールド 4』
(二)28日(土)スタート 毎週土曜21:00~(字)毎週土曜26:42~
視聴方法:TVのリモコンのBSボタンを押して、チャンネルを258に合わせるだけ。ディーライフは全国無料なので、契約や登録不要。




この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.