若手シンガーのショーン・メンデスが、モデルのヘイリー・ボールドウィンとカップルデビューを果たしたファッションの祭典「メットガラ(Met Gala)」で見せたお手本行動とは?

つねに彼女をサポート

 現地時間5月7日に米ニューヨークで開催されたファッションの祭典「メットガラ(Met Gala)」で、晴れて公式にカップルデビューを果たしたショーン・メンデス(19)とヘイリー・ボールドウィン(21)。

画像: つねに彼女をサポート

 今回のカップルデビューが2人にとってある意味“交際宣言”となったわけだが、会場でショーンがヘイリーに見せたある気づかいが話題になっている。それがこの場面。

 カメラのフラッシュが四方八方からたかれるなか、ヘイリーがつねにベストな状態で写真に写れるようドレスのすそを直してあげるショーン。その後お直しが終わると、何事もなかったかのようにヘイリーの隣に戻って、再び彼女をエスコートしてあげていた。

 まさに「ボーイフレンドの鏡」とも言える行動でファンを悶絶させたショーンだが、2人でインタビューに応じた際にもヘイリーをたてる発言をして、全世界の女性をうならせた。

 インタビュアーから「ベストルックはどっち?」と聞かれ、少し恥ずかしそうにお互いを指差したヘイリーとショーン。しかし、ショーンは決してゆずらず、「聞くまでもないよ。彼女のアイメイクとリップは髪の毛の色とマッチしているんだよ!」と、ヘイリーを大絶賛。その横で照れ臭そうにするヘイリーが印象的だった。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.