アレックスという男性が、父親がしでかした大失態を自身のツッターで公開した。

 ペットを飼っている人にはお馴染みであるペットサロン。ある一家が、9年もの間一緒にいる愛犬のニーヴェスをきれいにしてもらうために、ペットサロンへと連れて行った。
 そして迎えの時間になり、父親が預けていたニーヴェスをピックアップしに行き、帰って来た。

 しかし、家に帰ってきたニーヴェスを見るなり、違和感を覚えたアレックスとその兄弟。よく見てみると、今までずっと一緒に住んでいたニーヴェスではないことが発覚。
 実は父親は、ペットサロンから違う人の犬を連れて帰ってきていたのだった。
さらに、父親はアレックスたちがそのことを言うまでまったく気づかなかったという。

画像1: これはどこの子?父親がペットサロンから連れて帰ってきた犬が違う

 父親いわく迎えに行った当初、2匹のマルチーズ犬が同時に飼い主を待っており、そのとき違う犬を連れて帰ってきたそう。
 その後、愛犬だと思い込んでいた犬を連れ父親はペットサロンへ戻り、無事にニーヴェスを家に連れて帰った。

画像2: これはどこの子?父親がペットサロンから連れて帰ってきた犬が違う

 愛犬のヘアカットによって思いがけない失態を犯した父親だった。

This article is a sponsored article by
''.