アルバム『レピュテーション』を引っさげてワールドツアーをスタートさせたテイラー・スウィフトが、アルバムを象徴する「ヘビ」の意味を語った。

世界ツアーがついに開幕

 人気シンガーのテイラー・スウィフトが、ついに「レピュテーション・スタジアム・ツアー」をスタートさせた。

画像1: 世界ツアーがついに開幕

 今回のツアーは、アルバム『レピュテーション』に収録されている大ヒットシングル「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ~私にこんなマネ、させるなんて」のMVを彷彿とさせるダークな印象のステージを演出。

 ステージには巨大なヘビが数多くあったり、ヘビをモチーフとしたマイクを特注したりと、アルバムを象徴する「ヘビ」一色の公演となった。

画像2: 世界ツアーがついに開幕
画像3: 世界ツアーがついに開幕
画像4: 世界ツアーがついに開幕

 MCでは、テイラーがアルバムを象徴する「ヘビ」の意味について、6万人以上いる観客に暴露。テイラーいわく、数年前に「誰か」(※)がSNSで彼女のことをヘビと呼んだことから引用したという。
※カニエ・ウェストとキム・カーダシアンとことを指しているとみられる。

画像5: 世界ツアーがついに開幕
画像6: 世界ツアーがついに開幕

 また、オープニングアクトとして参加したカミラ・カベロとチャーリーXCXは自身のヒット曲を披露。さらに、テイラーのヒット曲「シェイク・イット・オフ」を一緒に歌い、会場を大きく盛り上げた。

画像7: 世界ツアーがついに開幕
画像8: 世界ツアーがついに開幕

 ついに幕を開けたテイラーの「レピュテーション・スタジアム・ツアー」。日本公演は11月20日と21日を予定している。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.