ある女性がバスの車内で自慰行為をする男性がいることをバスの運転手に伝えたところ、衝撃の答えが返ってきた。

 先日、イギリス在住のカーラ・ルイーズ・デイリーという女性が路線バスを利用した際、うしろの席に座っていた男性が何やら不審な動きをしているのを目撃。よく見ると、公共の場にもかかわらず男性はいわゆる「自慰行為」をしていた...。

画像1: ある女性がバスの車内で「自慰行為」をする男性を目撃、しかし運転手は…

 「耐えられない」という言葉では片付けられないほど苦痛な状況ではあったが、カーラは勇気を振り絞って男性に行為をやめるよう注意。しかし、男性はカーラの訴えにまったく聞く耳を持たず、彼女のことを無視して行為を続けたという。

画像2: ある女性がバスの車内で「自慰行為」をする男性を目撃、しかし運転手は…

 そのため、カーラが運転手にそのことを報告したところ、運転手から返ってきたのはカーラに「席を移動するように」と促す衝撃的な言葉であった。

 結局、どうすることもできなくなったカーラはバスを下車。しかし、本来ならすぐにでもバスから降ろされるべき男性は彼女が下車したあとも、車内に残ったままだったそう。

 英Metro誌にカーラが語った話では、2階建てのバスの1階が混雑していたため2階に上がって着席したところ、この男性がわざわざカーラの背後に席を移動してきたのだという。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.