マーベル映画『マイティ・ソー』シリーズで知られるクリス・ヘムズワースの妻エルサ・パタキーのタトゥーに運命を感じずにはいられない。

 現在公開中の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に出演している俳優クリス・ヘムズワース(34)は、『マイティ・ソー』シリーズの主役ソー役で知られている。クリスには、スペイン出身の女優エルサ・パタキー(41)と2010年に結婚し、おしどり夫婦として大人気。

妻のタトゥー秘話に驚き

 妻エルサは先日、豪VOGUE誌のインタビューでキャリアのこと、クリスとの結婚生活などについて赤裸々に語った。そのなか、15年前にタトゥーの秘話を明かしたエルサ。

画像: 妻のタトゥー秘話に驚き

 そのタトゥーとは右腕に入った2本のギザギザの線が重なった小さなもの。エルサは、「このタトゥーはソーにインスパイされたものよ。それでソーを演じる人と結婚しちゃうんだから、人生って怖いわよね」と、クリスがまだソーの役を演じる前にこのタトゥーを入れたことに対して振り返った。

Chris Hemsworthさん(@chrishemsworth)がシェアした投稿 -

 エルサはさらに同インタビューで、「私たちの夫婦生活は最高よ。もちろんどの夫婦にも、上がり下がりはあるもの。だけど永遠に一緒にいるために、そして円満な夫婦生活を過ごすためには、絶えまない努力が必要なの」とおしどり夫婦でいる秘訣についても語った。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.