ある女性が、友人の犬によって大きな被害を負ってしまった。

 オーストラリア出身の23歳の女性であるスゼル。彼女はインスタグラムを中心に活動しているモデルの1人。そんな彼女がある事実を明かした。

 ※記事内にはショッキングな画像が表示されます。ご注意ください。


 昨年末、友人たちと集まりキャンプを楽しんだというスゼル。その場には友人の愛犬たちもおり、スゼルはその犬たちとも仲良くなって1日中遊んでいた。

 その日は大晦日だったため、深夜0時近くになるとカウントダウンパーティーをスタート。そしてカウントダウンが終わり、スゼルが車に物を取りに行った時、ずっと遊んでいた友人の犬を発見。
彼女が近寄り、その犬を軽く叩いた瞬間、犬はスゼルの顔に飛びかかり襲ったという。
 あっという間にスゼルは口が裂け、顔も傷だらけに。彼女はこの時のことについて、「ジョーカーのようになったわ」と英メディアLAD BIBLEに語った。

 それから緊急で整形手術を実施するも、いまだに彼女の顔には多くの傷が残っており、上唇は筋肉の損傷で持ち上げることは出来ない状態だという。

 モデルとして活動していたスゼルにとって、顔に負った大きな傷のショックは計り知れない。しかしスゼルは、傷を負った顔を隠さずに堂々と公開することを決意。

 その後も傷が少しずつ治っていく様子や、傷跡を上手くカバーするためのメイク法や写真写りを学ぶ姿などを公開し、自分が負った傷とポジティヴに向き合う姿勢をSNSで発信。そんな勇敢なスゼルの元には、サポートする声が続々と届いている。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.