モデルのケンダル・ジェンナーが、まさに彼女にしか着こなせない“攻めドレス”でレッドカーペットに登場。

「さすが」としか言いようがない

 昨年、米Forbes誌が毎年発表している「モデル長者番付」で堂々の1位に輝き、名実ともにトップモデルの名をものにしたケンダル・ジェンナー。そんな彼女は、以前から仕事でもプライベートでも“ノーブラ”を好むことで知られており、本人も「胸を見せることに抵抗がない」と語るほど、大胆な一面が。

 つい先日も、高級ジュエリーブランド「ショパール(Chopard)」のイベントに完全シースルーのドレスでレッドカーペットに現れたケンダルは、胸が露になっているのもものともせず、カメラの前で余裕の表情を見せていた。

画像1: 「さすが」としか言いようがない

 

画像2: 「さすが」としか言いようがない

 さらに、後日、ケンダルは自身のインスタグラムにこの時撮影された写真を投稿すると、“胸が透けてるから何?”と言わんばかりにたったひと言「おっと(oops)」とコメント。

画像3: 「さすが」としか言いようがない

 すがすがしいほど堂々とした発言に、ファンからは「カッコイイ」「さすがケンダル」など彼女を称賛する声が多く集まっていた。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.