モデルのベラ・ハディッドが、雑誌やレッドカーペットで“ムスッとした表情”をしていることが多い理由を告白。

自分の意志じゃなかった!?

 ベラ・ハディッドが、同じくモデルで姉のジジ・ハディッドと対談をした米Harper's Bazaar誌のインタビューで、雑誌やレッドカーペットで“ムスッとした表情”をしていることが多い理由と、そのせいでみんなから必ず言われることについて明かした。

画像: 姉のジジ(右)と。

姉のジジ(右)と。

 以前、「カメラの前でどういう表情をしていいかわからない」という理由で、なかなかカメラの前で笑うことができなかったことを告白していたベラだが、その時はモデルとしての活動を続けているうちに、自分の顔や表情をやっと理解したと嬉しそうに話していた。

画像1: 自分の意志じゃなかった!?

 しかし、最近撮影された写真を見ても、いまだに厳しい表情をしていることが多いベラ。同インタビューでも、そのことについて姉のジジから「みんなはあなたがいつも同じ表情をしていると言ってるわ」と指摘されると、こう答えた。

 「みんな知らないだろうけど、(いつも無表情なのは)カメラマンから『つまらなそうに』とか『無関心な感じで』って指示されてるからなのよ。でもそれは本当の私じゃないわ。あなた(ジジ)は私のことをよく知ってるでしょ。私は赤ちゃんの頃からいつも笑っていたわ」

画像2: 自分の意志じゃなかった!?

 「笑えない」と告白した時にも、人から「シリアス」「意地悪」「冷たい」といった印象を持たれがちであることを明かしていたベラ。しかし、実際はむしろその真逆で、彼女のことを誰よりもよく知る姉のジジいわく、ベラは「とても優しくて、フレンドリーで穏やかな人柄」なんだそう。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.