俳優のベネディクト・カンバーバッチが、今後仕事を引き受ける際に提示するつもりだという「条件」が大絶賛されている。そのワケとは?

男女の賃金平等を訴える

 現在公開中の大ヒット映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にドクター・ストレンジ役で出演しているベネディクト・カンバーバッチが、男女の賃金格差が問題になっているハリウッドの体質を変えるため、今後は“女性と同じ賃金でなければ仕事を引き受けない”と宣言した。

画像: 男女の賃金平等を訴える

 「賃金の割当を見て、女性がどれくらいもらっているのかを尋ねる。そして『もし彼女が男性と同じだけの給料を支払われないのなら、この作品には出ない』と言うつもりだ」

 先日、英RadioTimes誌のインタビューのなかでこう語ったベネディクトは、続けて「(格差解消のために)行動するかどうかが問題なんだ」と、まずは何かアクションを起こすことがいずれ格差解消につながると説明。

 さらに、つい最近自分の製作会社を立ち上げたというベネディクトは、今後、女性にフォーカスした作品を作っていくつもりであることを明かした。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.