現地時間9日、LAにあるリアーナの自宅に不法侵入した27歳の男が逮捕された。

 逮捕された27歳のエドゥアルド・レオンという男は、リアーナ宅の敷地内に設置してあるセキュリティのアラームが鳴らないように細工し、フェンスを乗り越え自宅に侵入。

 その後、男はなんと約12時間も居座り続け、翌朝リアーナのアシスタントが家の中で男を発見したことで逮捕されたと英BBCが伝えている。

画像: リアーナ宅に12時間居座ったストーカー男、その動機に鳥肌

 現地警察によると、この男はリアーナ宅で、持ってきたバッグの荷ほどきをし、携帯電話を充電していたという。

 さらに驚くべきはその動機。この男はリアーナとセックスするために不法侵入したとTMZが報じている。

 幸いにもリアーナは州外にいたため自宅に戻っていなかった。

 この男は、ストーカー行為、不法侵入、器物損壊、逮捕しようとした警察官に対し暴行を加えたとして逮捕。有罪判決を受ければ、最大6年間を刑務所で過ごす事になるという。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.