大手ファーストフード店のバーガーキングが、ライバル店であるウェンディーズをプロムに誘うという行動に。その返事はいかに?

 今アメリカは、学年最後に行われるダンスパーティ「プロム」のシーズン。意中の相手や付き合っている相手と一緒に出席するプロムは、アメリカの学生のまさに青春の思い出となる大切なイベント。

 そんなプロムシーズンに、人気のハンバーガーチェーン店のバーガーキングが、ライバルのウェンディーズをプロムに誘うという大胆な行動に出た。

「プロムどう?」

 どういうことかというと、先日バーガーキングは公式ツイッターにある写真を投稿。そこにはバーガーキングのサイン部分に「@ウェンディーズ プロムどう?」と書かれたサインが。そしてバーガーキングの後ろには、ウェンディーズのお店の看板が見える。

 するとなんとウェンディーズから返事が! ウェンディーズの公式ツイッターが、「いいよ、だけどあんまり触ってこないでね。あと10時までには家にいなきゃいけないから」と、どこかツンデレだけれどOKとの返答。

 これを見たバーガーキングは、「楽しみにしてるよ。プロムキングとプロムクイーンを目指そうね」というコメントを、ハンバーガーの箱にバラのコサージュを入れた写真と共にと投稿した。

 ウェンディーズの公式ツイッターといえば、アカウントに寄せられるツイートにかなり挑発的な返答をすることでも知られており、以前はバーガーキングのことを聞かれ、「彼らのことは考えたこともないです」と、なかなか尖がったコメントをしていた。

 そんな手厳しいウェンディーズを見事プロムに誘うことに成功したバーガーキングだった。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.