米エモリー大学の研究によって、恋愛で上手くいくカップルの「年の差」が明らかになった。

 米エモリー大学の研究で、離婚しにくいカップルの年齢差が判明。最も離婚率が低い数字になった年齢差とは…、なんと1歳差。

 恋人同士の年齢が5歳差で離婚率は18%、10歳差で39%、20歳差にもなると離婚率が95%になるのに対して、1歳差のカップルの離婚率は3%と、劇的に低いことがわかる。

 年齢差が開けば開くほどそれに比例して離婚率も上昇することが、アメリカ在住の既婚者3,000人以上に調査したこの研究で明らかになった。

 もちろんこれには例外があり、年の差に関係なく2年以上交際を続けたカップルは約43%の確率で別れないという調査結果も出ている。

画像: 離婚率が劇的に低いカップルの「年の差」はこれ

 ちなみに、年の差1歳の理想的な夫婦には、デヴィッド&ヴィクトリア・ベッカム夫妻があげられる。
 ともに過去に離婚歴がない2人は、4人の子どもに恵まれ、来年2019年で結婚20周年を迎えるセレブきってのおしどり夫婦。

This article is a sponsored article by
''.