シンガーのアリアナ・グランデとの破局が先日発覚したばかりのラッパーのマック・ミラー(26)が、米現地時間の木曜日、酒気帯び運転による当て逃げで逮捕された。

 深夜1時頃、カリフォルニア州サンフェルナンド・バレーの路上で男性3人が乗った2016年製のメルセデス・ベンツ・Gクラスが道路脇の電柱に激突。そのまま走り去った。

 目撃者の通報により駆けつけた警察官がナンバープレート検証したところ、運転していた男性がマックだということが判明。その後、マックが自宅を訪れた警察官に対し、酒を飲んで運転していたことと、慌ててその場から逃げたことをを認めたことから、そのまま逮捕となった。マックの保釈金は1万5千ドル(約166万円)と報じられている。

画像: マック・ミラー

マック・ミラー

 捜査にあたった警察官の1人が米TMZに語ったところによると、マックは酔ったままの状態で質問に答えたものの、いたって素直で協力的な態度だったという。

 彼が逮捕されるのは今回が初めてではなく、2011年には大麻所持の容疑で逮捕されたことも。同件についてはすでに和解が成立している。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.