現在行われているテイラー・スウィフトの公演で、日本にまつわるものが登場している。

 5月8日からテイラー・スウィフトがスタートさせた「レピュテーション・スタジアム・ツアー」。先日行われたロサンゼルス公演では、セレーナ・ゴメスやショーン・メンデスらも共にステージに立ち、ジュリア・ロバーツやアンバー・ローズなどのセレブたちも観客として会場に駆けつけた。

Taylor Swiftさん(@taylorswift)がシェアした投稿 -

 今回スタジアムツアーということで、セットも相当大掛かり。そんなテイラーのツアーで、日本にまつわるあるものを発見。

 それは、日本の伝統楽器ともいえる巨大な和太鼓。

画像: テイラー・スウィフトのコンサートで日本の「アレ」を使用

 実はテイラーは、今回のコンサートでもバックダンサーとして2人の日本人を迎えており、日本を大切にする姿を見せている。

和太鼓は近年人気のアイテム

 実は和太鼓は、近年パフォーマンスの一部として海外アーティストの公演で使われることが増えている。以前はグラミー賞で行われたケンドリック・ラマーのパフォーマンスでも、和太鼓が登場している。

 日本で11月に行われるテイラーのコンサートでも、巨大和太鼓が登場するか楽しみにしたい。

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.