大ヒット公開中の映画『デッドプール2』で2秒間だけカメオ出演を果たしたブラッド・ピット。キャスティングに至った裏話をデヴィッド・リーチ監督が明かした。
※この記事にはネタバレが含まれます。

2秒間だけ出演したブラッド・ピット

 大ヒット公開中の映画『デッドプール』で、まさかのカメオ出演を果たした俳優のブラッド・ピット。

 もともとブラッドの子供たちが『デッドプール』の大ファンだったということもあり、本作で脚本にも参加した主演のライアン・レイノルズが個人的にブラッドに連絡。

 ブラッドが快諾したことで、カメオ出演が決定したのだという。

画像1: 2秒間だけ出演したブラッド・ピット

 ハリウッドで一番つかまりにくい俳優に声をかけようと脚本家たちが決めたことで、ブラッドに出演以来をしたところ、ブラッドは即答でイエスと言い、あっさり出演が決まった。

そんなブラッドの撮影は2時間程度で終了し、本作での出演時間はわずか2秒ほどとなった。

(※ここからネタバレあり)

画像2: 2秒間だけ出演したブラッド・ピット

 『デッドプール2』でセレブのカメオ出演のアイディアを考案したのは、ライアンとともに脚本を担当したポール・ワーニック。

 ポールは、「脚本でヴァニッシャーは謎の存在だったんだ。ヴァニッシャーが絡まった時、『ここでカメオがあったら完璧だ』と思った」と語り、ブラッドをカメオ出演させた経緯をHollywood Reporterに説明した。

 普段は透明で見えないヴァニッシャー役で出演したブラッドは、電気ショックを受けた時だけスクリーンに映される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.