アメリカで人間が豚に追われるという事件が発生した。

 ある日の明け方、オハイオ州で1人の男性が警察に通報の電話を入れた。その理由は「豚に追われているから助けてくれ」というもの。

 警察は明け方だったため、酔っ払いのいたずら電話だと思いながらも現場へと向かった。
ところが現場につくと、その男性は酔っ払いどころかまったくのシラフ。この男性は夜勤明けで、駅から家へ帰る途中にブタがずっとついて来ることが怖くなって警察に助けを求めたそう。
 

 警察が男性をつきまとっていた豚を後部座席に乗せ、パトカーで連行。そのときの様子はこちら。

画像: 豚が男性につきまとい警察が出動、警察に連行された豚の運命は

実は飼い豚だった

 そして警察が連れて帰った約3時間後、この豚の飼い主が登場。なんとこの豚はゾーイという名前の飼い豚で、心配をした飼い主が探しにやってきた。
 お騒がせなゾーイは無事飼い主の元へ戻り、この事件も一件落着で幕を閉じた。

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.