世界中で大ヒットを記録している映画『デッドプール2』。主演のライアン・レイノルズが、破天荒ヒーローのデッドプールを演じるための体づくりに実践していた簡単エクササイズを紹介。

 お馴染みのダークレッドのスーツの下は、じつはムダ肉無しのムキムキボディという設定のデッドプール。スーツを着ている状態でも、屈強な腕や太ももはもちろん、プリっと上がったお尻や引き締まった腹筋などが見て取れることから、ライアンがしっかりと体を絞り込んだうえで、この役を演じたことは明らか。

画像: 「重いカバン」1つでOK!『デッドプール』エクササイズで夏ボディをゲットせよ!

A post shared by @deadpoolmovie on

 そんなライアンの体づくりをサポートしたのは、以前から妻で女優のブレイク・ライブリーともどもお世話になっているセレブ御用達トレーナーのドン・サラディーノ。

 ドンは、ライアンが『デッドプール2』の撮影に向けて励んでいたトレーニングのなかから、自宅でもマネできそうな全身運動エクササイズをインスタグラムを通じて紹介。真剣な表情で汗を流すライアンの姿を収めた動画を公開した。

 動画の中でライアンが励んでいるのは、「ウォーキング・ランジ」という、歩きながら下半身の筋肉を効果的に鍛えることで、脚力アップやヒップアップなどができる定番のエクササイズをアレンジしたもの。

 ライアンは重りの入ったカバンを胸の前で両手抱えて負荷をかけ、さらに、1歩進むごとに身体を左右どちらかに捻ることで、ウェストや背中の筋肉も同時に刺激を与えて全身を鍛えている。

 人目さえ気にならなければ、通勤・通学途中にも手持ちのバッグを使ってマネできそう。『デッドプール』エクササイズで、この夏あなたも無敵のボディをゲットして! (フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.