映画『ラ・ラ・ランド』の女優エマ・ストーン(26)との熱愛説が浮上している俳優のジャスティン・セロー(46)が、最近飼い始めた愛犬に日本語の名前を命名。可愛いけれど、思わずツッコミたくなってしまう名前とは?

 元妻で女優のジェニファー・アニストンとの離婚を発表した1カ月後に、人気ブランド、ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)のファッションショーで隣同士の席になって以来、水着デートを楽しむ姿が目撃されるなど、エマとの距離を急速に縮めているジャスティン。

 そんな彼が、最近シェルターから引き取ったピットブルに「くま(Kuma)」と命名した。

画像1: エマ・ストーンと熱愛噂の俳優が愛犬につけた「日本名」がツッコミ必至

 ジャスティンは、「Kuma」が日本語で動物の「熊」を意味することを理解しているようで、インスタグラムで「くま」を家族に迎え入れるにあたって協力してくれた人々にお礼のメッセージを投稿した際には、しっかりと「熊」の絵文字を添えていた。

 一体どんな理由で、犬なのに「くま」と名づけられたのかは明かされていないが、ジャスティンの愛犬は、2017年9月にテキサス州を襲い甚大な被害を出したハリケーン・ハービーで幸運にも生き残ったサバイバー犬。

 米Peopleによると、数カ月間におよぶ複雑なプロセスを経てようやく自宅に「くま」を迎え入れることができたジャスティンは、「くま」が乗った飛行機が到着した空港に出向き、涙を浮かべて「くま」を抱きしめたという。

 ちなみに、「くま」というと、日本ではオスの犬につけるイメージが強いが、ジャスティンの「くま」はメス。

 米現地時間の6月12日にエマの親友で女優のジェニファー・ローレンスがニューヨークの自宅マンションの屋上で開催したバーベキューパーティーにも、「くま」はジャスティンと一緒に参加しており、すっかり華やかなセレブライフの仲間入りを果たしている様子。(フロントロウ編集部)

画像: 白いカーディガンを着用しているのがジェニファー。

白いカーディガンを着用しているのがジェニファー。

画像2: エマ・ストーンと熱愛噂の俳優が愛犬につけた「日本名」がツッコミ必至
画像: ジェニファー・ローレンス宅の屋上パーティを訪れたエマ&ジャスティン。

ジェニファー・ローレンス宅の屋上パーティを訪れたエマ&ジャスティン。

画像: 深夜に「くま」を連れて家路につくジャスティン。

深夜に「くま」を連れて家路につくジャスティン。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.