人気女優のクロエ・モレッツが、ブレイク作『キック・アス』の続編制作についてコメントした。

『キック・アス3』について言及

 2010年に公開された映画『キック・アス』でヒット・ガール役を熱演し、当時11歳にして抜群の存在感を発揮して大ブレイクした人気女優のクロエ・モレッツ(21)。

画像: 『キック・アス3』について言及

 クロエの代表作の1つである同作は、大ヒットを受けて2013年に2作目『キック・アス/ジャスティス・フォーエヴァー』が公開。

 シリーズ映画となったこの作品の続編制作については、以前から続編への出演には興味がないことを明かしていたクロエが、その理由についてIndieWireのインタビューで口を開いた。

「シリーズ作って大好き。私が思うに、シリーズ映画は第1作目がすごく、すごく特別なの。第2作目は少し違う方向に向かっていけばよかったなと思っているの。だってみんなたぶん2作目で起きたこととは違うことを望んでいたでしょ」

 1作目の『キック・アス』は大ヒットを記録した一方で、2作目の『キック・アス/ジャスティス・フォーエヴァー』は、残念ながら酷評が相次ぎ、興行収入も振るわない結果となってしまった。

 そんな2作目の失敗に触れたクロエだけれど、ブレイクを後押しした作品への愛情を見せたうえで、仮に『キック・アス3』が製作されても出演するつもりはないことを語った。

「ヒット・ガールというキャラクターが大好きなぶん、彼女は『キック・アス』の時でとどまっていてほしい。みんなの気持ちも『キック・アス』で止まっていてほしい。だから、『キック・アス3』はなしね。少なくともヒット・ガールは出演しない」


(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.