映画『スパイダーマン:ホームカミング』のトム・ホランドが、『スパイダーマン2』の制作が開始されることを報告した。

『スパイダーマン2』のタイトルが明かされる

 2017年8月に公開され、大ヒットを記録したマーベル映画『スパイダーマン:ホームカミング』。

 主人公のスパイダーマン役を演じたトム・ホランド(22)が同作の続編の台本をインスタグラムに公開したことで、続編のタイトルが明らかになった。

 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に出演したバッキー役のセバスチャン・スタンやファルコン役のアンソニー・マッキーとともに、エイス・シアトル・コミコンに出演したトムは、インスタグラムに動画を投稿。

(※ここから『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のネタバレが含まれます。)

画像1: ✌️さんはInstagramを利用しています:「Sorry for no announcements, but I love you guys ♥️」 www.instagram.com

Sorry for no announcements, but I love you guys ♥️

A post shared by ✌️ (@tomholland2013) on

✌️さんはInstagramを利用しています:「Sorry for no announcements, but I love you guys ♥️」

www.instagram.com

 「『スパイダーマン2』について新情報を明かすことができないことを謝りたい。僕もまだあまり知らないんだ。僕は死んじゃったし、続編がどうなるのかわからないけど…。でも、台本が届いたんだ!読むのが楽しみ。きっと良いものになるよ」とコメントし、『スパイダーマン』続編についての新情報は明かせないと言いながらも、続編の台本を公開して正式タイトルを明かした。

 トムが持っている台本に書かれているように、『スパイダーマン・ホームカミング』の続編は、『Spider-Man:Far From Home(スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム)』となる。
※Far From Home(直訳:家よりはるか遠く)

 そんな『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は、2019年5月3日に全米公開予定の映画『アベンジャーズ4』の後に公開される。

 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』では、惑星タイタンでトム演じるスパイダーマンがインフィニティ・ストーンの影響で消滅してしまって終わったことから、スパイダーマンの続編は、『アベンジャーズ4』がキーとなるのは確か。

画像: 『スパイダーマン2』のタイトルが明かされる

 キャストについては、前作で悪役を演じたマイケル・キートンが続投すると囁かれているなかで、続編の敵となるミステリオ役をジェイク・ギレンホールが演じるのではというウワサが流れている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.