この夏に新アルバム『スウィートナー / Sweetener』をリリースするアリアナ・グランデが、そのアルバムカバーが逆さまになっている理由を明かした。

 今年の8月17日(金)に4作目となるニューアルバム『スウィートナー / Sweetener』を発売することが決定したシンガーのアリアナ・グランデ。

 最新シングル「ノー・ティアーズ・レフト・トゥ・クライ」や「ザ・ライト・イズ・カミング feat. ニッキー・ミナージュ」を含むこのアルバムのカバーは、ローポニーテールヘアのアリアナが逆さまになっているという、シンプルながらも不思議なデザイン。

画像: アリアナ・グランデ、新アルバムのカバーが「逆さま」な理由とは?

逆さまの理由とは?

 カバーが逆さまになっていることを疑問に思ったあるファンが、アリアナに質問。するとアリアナは、「アーロン(アリアナの親友)にこの写真を見せた時、彼は私の反対側に座っていたの。そしたら彼は『逆さまになっている方が好きだよ』って。その一言で決まったのよ。その時私は、アップサイド・ダウン(逆さま)な気持ちが続いていたから。だからそのアーロンの何気ない一言がハマったの。私の親友って天才でしょ」と答えた。

 アリアナが答えの中で明かした「気持ちのアップサイド・ダウン」が、いつだったのか何が原因だったのかは分からないものの、前作のアルバムからの間、アリアナはマンチェスターの爆破テロ事件や元彼マック・ミラーとの破局などを経験している。その時の自分の状況と友人の一言が運命的に感じたよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.