セリーヌ・ディオンが超満員の東京ドームで、10年ぶりとなる来日公演を無事に終えた。22曲のヒットソングが歌われたなか、亡き夫レネ・アンジェリルを追悼するシーンも。

「日本は自分にとって特別な存在」

 全米No.1ヒット曲「パワー・オブ・ラヴ」で幕明けた来日公演。ディナーショーのように笑いと親密さにあふれたMCたっぷりで進められたコンサートでは、ふしぶしに日本への愛が感じられた。

 1曲目を歌い終えたセリーヌは、ぺこりとお辞儀をすると、「コンバンワ!」とシャウト。この日は10年ぶりにアジアとオセアニアをまわるツアー「Celine Dion Live 2018」の初日だったが、「ずっと日本は自分にとって特別な存在だった。だからここ東京でツアーをスタートさせることにしたんです。アリガトウゴザイマス!」と明かし、「この国、文化、そして何より、国民が好き。あなたたちはアメージングよ」と、10年という長い月日を埋めるように、日本のファンへの熱い気持ちを語り続けた。

画像: 「日本は自分にとって特別な存在」

日本で亡き夫を思う

 そしてライブが中盤に差し掛かった頃、セリーヌは「ちょっと一瞬だけムードを変えましょう」と言うと、こう語りはじめた。

 「私の素晴らしい夫であるレネが亡くなり、深い悲しみに暮れていた2016年に、私が敬愛するある人から予期せぬ贈り物をもらったの。彼女は優れたアーティストであり、素晴らしい母親であり、偉大なソングライターでもある。皆さんもよく知ってるはず。彼女の名前はピンク」。

 ピンクはセリーヌの夫レネ・アンジェリルががんのため他界した後に「リカバリング」という曲をセリーヌに提供しており、セリーヌは、「一番ツラかった時に、この曲に救われた」と告白して、同曲を披露した。

 そして曲を歌い終えたセリーヌは、そのまま、宙を見上げて制止。

 この時セリーヌが誰のことを思っていたかは一目瞭然で、会場の約5万5,000人からは自然と温かい拍手が起こり、客席に目線を戻したセリーヌの顔には温かい笑みが浮かんでいた。

画像: 日本で亡き夫を思う

 「ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー」「ビューティ・アンド・ザ・ビースト」「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」といった大ヒット曲から、映画『デッドプール2』のオープニングテーマになった「アッシュズ」、さらにはプリンスのカバーまで、全22曲をたっぷり熱唱したセリーヌ。

 この夜の模様は、8月25日(土)にWOWOWにて放送されることが決定している。(フロントロウ編集部)

【リリース情報】
<最新ベスト・アルバム>
『ザ・ベスト・ソー・ファー…2018ツアー・エディション』 
発売中
●国内盤CD
2形態同時リリース:
- 初回限定<セリーヌ・ディオン・ロゴ・ハンカチ付き>デラックス盤 SICP31170-1税込3000円 
- 通常盤: SICP31172税込2500円
- BluSpecCD2仕様/スリーブ付/国内盤ボーナストラック収録

●収録曲
01. マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン (ラヴ・テーマ・フロム"タイタニック")
02. トゥ・ラヴ・ユー・モア
03. イモータリティ
04. フォーリング・イントゥ・ユー
05. パワー・オブ・ラヴ
06. イッツ・オール・カミング・バック・トゥー・ミー・ナウ
07. ザッツ・ザ・ウェイ・イット・イズ
08. 愛をふたたび
09. ザ・ファースト・タイム・エヴァー・アイ・ソー・ユア・フェイス
10. シンク・トワイス
11. ビコーズ・ユー・ラヴド・ミー
12. アイ・ドローヴ・オール・ナイト
13. ア・ニュー・デイ・ハズ・カム
14. アローン
15. テイキング・チャンシズ
16. ラヴド・ミー・バック・トゥ・ライフ
17. オール・バイ・マイセルフ
18. リヴァー・ディープ、マウンテン・ハイ ※日本盤ボーナストラック

<ベスト盤同時リリース再発4タイトル>
各1,800円+税 Blu-specCD2仕様
●『セリーヌ・ディオン』(1992年作品) SICP 31165
●『ラヴ・ストーリーズ』(1993年作品) SICP 31166
●『フォーリング・イントゥ・ユー』(1996年作品) SICP 31167
●『レッツ・トーク・アバウト・ラヴ』(1997年作品) SICP 31168

<新曲「アッシュズ」収録/映画『デッドプール2』サウンドトラック>
タイトル: 『デッドプール2』 オリジナル・サウンドトラック
発売中
国内盤CD: 価格2,200円+税 SICP-5799

【WOWOW放送決定】
『セリーヌ・ディオン ライブ・アット・東京ドーム2018』
<Celine Dion Live 2018 in Japan>の模様をWOWOWで8月25日(土)に放送決定
番組サイト: http://www.wowow.co.jp/celine/ 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.