本日、日本代表の決勝進出をかけたVSポーランド戦が行われる2018FIFAワールドカップ。同大会で公式試合球であるアディダス(Adidas)のサッカーボールが波紋を呼んでいる。

1試合で2球が破裂

 ロシアで開催されているサッカーW杯の公式試合球にアディダス(Adidas)のテルスター18というサッカーボールが選ばれた。

画像1: 1試合で2球が破裂

 テレビのモノクロ放送でもボールが目立つように設計され、「サッカーボール=ブラック×ホワイト」という概念を確立させたテルスター。

 その最新モデルであるテルスター18は、デジタル時代を象徴するピクセルが組み合わされたデザインで、世界レベルのプレイヤーたちのニーズを満たすものとして今年のW杯の公式試合球として選ばれたのだけれど、このボールの耐久性について世界中のサポーターが不満の声を募らせている。

画像2: 1試合で2球が破裂

 この大会で試合真っ最中にテルスター18が少なくとも6球が壊れたといい、なかでもフランスVSオーストラリア戦では試合中に2球も破滅した。

画像3: 1試合で2球が破裂

 公式ページの説明によるとテルスター18は、どんな天候にも対応し、600人以上のプロ選手やマンチェスター・ユナイテッドをはじめとした30もの名クラブチームがテストプロセスに関わったとしている。

 今大会では、優勝候補国のひとつアルゼンチン代表のエース、リオネル・メッシの不調や、日本時間28日に日本と対戦するポーランド代表のロベルト・レヴァンドフスキのプレーに期待外れだと海外メディアが報じるなど、スター選手たちの“らしくない”パフォーマンスが多く見られると言われている。

画像4: 1試合で2球が破裂

 選手の不調とボールの性能が直接関係するとは言い難いけれど、国の勝利を願い、選手にベストコンディションで試合に臨んでほしいと思うサポーターの気持ちが高まるのに比例して、ファンたちのボールへの不満も高まっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.