日本時間7月3日、サッカー・ワールドカップで日本代表と対戦するベルギーのガブリエル王子が“将来有望なイケメン”と話題に。

次世代イケメン王子として熱視線

 現在、ロシアで開催中のサッカー・ワールドカップ(以下W杯)の決勝トーナメント1回戦で日本代表と対戦する、ベルギーのフィリップ国王とマチルド王妃の長男ガブリエル王子(14)の美少年ぶりに世界中から熱視線が注がれている。

画像: 左から次男エマニュエル王子(12)、長男ガブリエル王子、長女エリザベート王女(16)、次女エレオノー王女(10)。

左から次男エマニュエル王子(12)、長男ガブリエル王子、長女エリザベート王女(16)、次女エレオノー王女(10)。

 “ハンサム”なことで有名な王子といえば、イギリス王室のチャールズ皇太子と故ダイアナ元妃を両親に持つウィリアム王子&ヘンリー王子の2人だが、今年5月にヘンリー王子が元女優のメーガン妃と結婚したことで、両者とも既婚者に。その穴を埋めるべく、次世代のイケメン王子としてジワジワと注目度をあげてきているのが、ベルギー王室のガブリエル王子。

画像: 次世代イケメン王子として熱視線

 イギリスのロイヤルファミリーと比べると情報が少なく、ガブリエル王子の人となりや私生活はあまり明らかにされていないが、女性にも王位継承権が与えられるベルギーでは、姉のエリザベート王女に次ぐ王位継承者(第2位)である。

画像: 6月23日に行われたベルギー対チュニジア戦を観戦したガブリエル王子と弟のエマニュエル王子。

6月23日に行われたベルギー対チュニジア戦を観戦したガブリエル王子と弟のエマニュエル王子。

 現在、ベルギーの首都ブリュッセルにある学校へ通っており、サッカーやヨットなど、さまざまなスポーツをたしなんでいるとか。

 ちなみに、ベルギー王室は日本の皇室と親密な関係にあり、2016年にはガブリエル王子の両親であるフィリップ国王夫妻が来日を果たしている。となると、今後ガブリエル王子が日本にやって来る可能性も大いにアリ!?(フロントロウ編集部) 

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.