2018年7月2日に開催されたディオール 2018-19秋冬 オートクチュール コレクションでは、7月6日発売の新メイクアップライン「ディオール バックステージ」が使用され、メイクのポイントとアイテムを公開した。
画像: ディオールが、コレクションで使用した、ナチュラルメイクのポイントを公開!

 パリのロダン美術館にてディオール 2018-19秋冬 オートクチュールコレクションが開催。ディオール メイクアップ クリテイティブ&イメージ ディレクター ピーター・フィリップスは、新メイクアップライン「ディオール バックステージ」(7月6日発売)を用いて、ナチュラルなメイクアップを施した。

画像: Dior Makeup Backstage – Dior Couture Autumn-Winter 2019 youtu.be

Dior Makeup Backstage – Dior Couture Autumn-Winter 2019

youtu.be

使用アイテム FACE

 40色展開のディオール バックステージ フェイス&ボディ ファンデーションから、それぞれのモデルの肌色にぴったりのシェードでナチュラルにベースが仕上げられている。

画像1: 使用アイテム FACE

 気になる箇所には、ディオールスキン フォーエヴァー コンシーラーもしくは、フラッシュ ルミナイザーでカバーを。

 そして、ディオール バックステージ フェイス グロウ パレットを頬骨など光があたる顔のパーツに自然にのせた。

画像2: 使用アイテム FACE

ディオール バックステージ フェイス&ボディ ファンデーション(日本では21色展開)
ディオールスキン フォーエヴァー コンシーラー
フラッシュ ルミナイザー
ディオール バックステージ フェイス グロウ パレット

EYES

 目元はディオール バックステージ アイ パレット 001 ウォームで、ナチュラルな陰影をプラスした。

 肌の色が明るいモデルには9色の中からシマー ベージュとマット ヌードの柔らかいシェードを、暗めの肌にはスカルプティング パウダーとシマー ブラウンとマット チャコールを使用。

画像: EYES

 眉は控えめに。ディオールショウ ブロウ スタイラーとディオール バックステージ ブロウ パレットで形を整えている。

ディオール バックステージ アイ パレット 001 ウォーム
ディオール バックステージ ブロウ パレット
ディオールショウ ブロウ スタイラー

LIPS

 モデルの肌色にあわせて、ディオール バックステージ リップ パレットの上段3色のシアー ピンク、シアー ベージュ、シアー ブラッシュを選び、ナチュラルでありながらふっくらとした唇に仕上げている。

ディオール バックステージ リップ パレット

HAUTE-COUTURE AUTUMN-WINTER 2018-2019, DIOR SHOW BACKSTAGE
DIOR MAKE-UP CREATED AND STYLED BY PETER PHILIPS
PHOTOGRAPHY: VANNI BASSETTI FOR CHRISTIAN DIOR PARFUMS

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.