ある女性インスタグラマーが、インスタグラム用に写真を撮影している時にサメに襲われるという悲劇にあった。

 その女性とは、マイアミの大学に通う19歳のカトリーナ。14歳からモデル活動も行っており、ここ最近では旅行先で撮影した写真で人気を上げ、現在は多くのフォロワーを抱える人気インスタグラマー。

画像1: ©instagram/katarinazarutskie

©instagram/katarinazarutskie

 そんなカトリーナは彼氏と彼氏の家族と一緒にバハマへバケーションに出かけていた。その途中でカトリーナは、コモリザメというサメが泳いでいる場所を発見し、そこでインスタグラム用の写真を撮影することを提案。

 コモリザメはサメの中でもとても大人しく、人を襲わないサメとして知られている。そのため大丈夫と思ったカトリーナは、心配する彼氏に撮影を頼み、コモリザメと泳ぐ姿を撮ってもらうことに。

画像2: ©instagram/katarinazarutskie

©instagram/katarinazarutskie

 コモリザメといっても、写真を見てみるとかなりの量のコモリザメが泳いでおり、危害はないと分かっていても、普通ならここに入ろうとは思わないレベル。しかしカトリーナはぷかぷかとコモリザメたちと泳いでいた。しかし次の瞬間…。

画像3: ©instagram/katarinazarutskie

©instagram/katarinazarutskie

 近くにいいた一匹のコモリザメがカトリーナの左手首にがぶっと噛みついてしまうというハプニングが! その後海に引きずりこまれそうになってしまったカトリーナだけれど、なんとか逃げ出すことに成功。

画像4: ©instagram/katarinazarutskie

©instagram/katarinazarutskie

 ほかのコモリザメが血に反応しないように、腕を水につけないように沖へ上がったカトリーナはすぐに傷の処置。命に別状もなく、大きな怪我にはならなかったのが幸い。

 カトリーナは、「彼らは自然の生き物だし、あれは私がコントロールできる状況じゃなかった。教訓になったわ」と、コモリザメは何も悪くないと主張した。(フロントロウ編集部) 

※記事内に間違いがあったため、一部修正しました。

This article is a sponsored article by
''.