英王室の女性たちの間には、エリザベス女王の前であのファッションアイテムを着用してはいけないという暗黙のルールがあった。

 ファッションについて細かなルールが決められている王室だけれど、王室のトップであるエリザベス女王が「嫌いだから」という理由で着用がNGとされているアイテムがある。

そのNGアイテムとは?

 ロイヤル・メンバーの女性たちの間では、もう暗黙のルールとして有名なそのアイテムとは、夏に大活躍するウェッジソール。なぜエリザベス女王がウェッジソールを嫌うのかは分からないけれど、ロイヤル・メンバーの女性たちはエリザベス女王の前ではウェッジソールを履くのは禁止されていると、関係者はVanity Fair誌に明かした。

 ただキャサリン妃は反対にウェッジソールが大好きで、よく履いている姿を見るが、その時はエリザベス女王がいない時に限られている。

画像: そのNGアイテムとは?

 夏らしさを演出できるため、ファッションアイテムとしては人気のウェッジソールだけれど、ロイヤル・メンバーの女性たちはエリザベス女王のために我慢しなければいけないよう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.