全国無料のBSテレビ局・Dlifeで放送されている『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』シーズン9のリード役で知られるマシュー・グレイ・ギュブラーが来日。そこでフロントロウ編集部が取材し、ドラマのことやマシュー自身のことなどたくさん聞いてきました。

 2005年にスタートし、13年も続いている大人気ドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』に、シーズン1から出演しているマシュー・グレイ・ギュブラーが2年ぶりの来日。マシューが演じるスペンサー・リードは、IQ187という類まれなる天才的頭脳の持ち主で、ちょっぴり変わり者だけれど、みんなから愛されている、なくてはならない存在。

画像1: © 2004 Touchstone Television. All rights reserved.

© 2004 Touchstone Television. All rights reserved.

 早く日本入りしていたマシューは築地に行ったり中目黒で買い物をしたそうで、渋谷にある「名曲喫茶ライオン」という、会話や写真が禁止な、クラシック音楽が流れているカフェに行ったことを明かしてくれた。「人気爆発しちゃうから言わない方がいいかな?(笑)本当に最高の場所だった!」と話し、これまでに何度も来日しているマシューらしい、なんともマニアックな観光を楽しんだ。

ドラマがここまで愛される理由とは?

 『クリミナル・マインド』は、多くの海外ドラマが打ち切りとなる厳しいエンタメ界でも、13年も続く珍しい長寿番組。この人気のヒミツについて聞くと…。

分かんない!(笑)なんだろうな~、脚本が最高だからだと思うよ。あと、正義が悪に勝つ場面を見るのも楽しいよね。死についても考えさせられるし、人が危険な状況に陥っているのを見ると、必然的に自分も気をつけようって思うでしょ?けどやっぱり脚本だと思う(笑)

 チーム全体の人間関係についても触れると、「そうなんだよ、ありがとう!みんなとは実際に本当に仲が良いから、僕らがお互いのことを家族と思って接しているのが見ている人に伝わるのかな」と嬉しそうに話した。

Criminal Mindsさん(@crimmindscbs)がシェアした投稿 -

キャストのSNSには、オフスクリーンの仲良しな様子が伝わる写真がたくさん載っている。

 マシューが演じるリードは、とても複雑な言い回しや専門用語がたくさん詰まったセリフが多め。毎回覚えるのは大変かと聞いたところ、本人いわく大変ではないそう。

覚えるのは楽しいから大変とは思わないけど、時間はかかるよ。撮影現場にいない時は、基本的に家でセリフを覚えてるんだ。何かをつねにしなければいけないっていうこと自体が好きなんだ。記憶力も上がるしね、だけど君の名前を忘れちゃった…。なんだっけ?ごめんね!君の名前が台本にあったら一瞬で覚えてるよ(笑)

 と、最後にお茶目な一面も見せてくれた。

 ドラマでは人の行動を分析するプロファイラーとして活躍するマシュー。実生活でその役柄が役に立ったことはある?という質問には…。

あるよ、実際の自分よりも頭が良くなった気分になるよ(笑)。レストランにいても、周りの人をプロファイルしちゃうんだけど、『待て、僕ってプロファイラーじゃないよね』ってなるんだ。クレイジーだけど、俳優業はとても興味深い職業で、自分に起こっていることを心から信じないと、僕は演じ方が分からないんだよね。だから、時々そのスイッチをオフするのが難しいんだ

リードについて

 リードはシーズン1から現在アメリカで放送が終わったシーズン13までの間、多くの危険をくぐり抜け、辛い経験もしてきた。マシューにとってリードの変化について話してくれた。

リードはものすごく変わったよ。僕は映画やテレビ番組が大好きでよく見ていたんだけど、登場人物に変化がなくなってしまうのが残念だと思っていたんだ。だからシーズン1が始まる前、脚本家たちにリードに求めることを聞かれた時に、『彼がどんどん変化していくんだったら、彼が何をするかは任せる』って言ったのを覚えてるよ。その通りリードはシーズン1では銃すら持てなかったのに、今ではたくさんのことを乗り越えてきたしね

画像2: © 2004 Touchstone Television. All rights reserved.

© 2004 Touchstone Television. All rights reserved.

 同じ登場人物を13年間演じていることについては、「クレイジーだよ!13年間も経った気はしないけどね。とても光栄に思うしラッキーだと思う。リードみたいにクールな人になれたらいいなって思うよ」と明かした。

現場での雰囲気

 家族のように仲が良い『クリミナル・マインド』のキャスト。現場でのムードメーカーは誰? と聞くと、しばし考えて、照れながら「僕かな~(笑)。自分で言うのは嫌なんだけど、僕だと思う。だけど基本みんなが笑ってるんだ。笑いすぎて撮影の邪魔になっちゃう時もあるよ」と、つねに楽しいムードで撮影を行っているそう。

 NGシーンを1番出すのは?と聞いたところ、「それは100%シェマー(・ムーア)だね」と即答。ちなみにマシューは、セリフではなく転んでNGを出してしまうことが多いと告白した。

Criminal Mindsさん(@crimmindscbs)がシェアした投稿 -

実際に兄弟のように仲が良いマシューとシェマー。シェマーの名前を出したマシューは、「会いたいな~」とつぶやいていた。

 映画監督を夢見ているマシューは、『クリミナル・マインド』でも11エピソードで監督を務めている。今考えているストーリーはある?という質問には、「あるよ!今はシーズン14のエピソードの構成を練っているんだ。政府かエイリアンに追われていると思い込んでいる男性の話だよ」と教えてくれた。

 そんなマシューは学生時代、映画『ブダペスト・ホテル』や『犬ヶ島』で知られる人気監督ウェス・アンダーソンのもとでインターンをやっていたことも。そのことについては…。

そうなんだ! 彼って最高だよね。当時のことはよく覚えてるよ。もともと彼の大ファンで、僕が通っていた映画学校では卒業するためにインターンをしなければいけなかったんだ。だから彼のオフィスを調べて手紙を書いて、ラッキーなことに彼のもとでインターンが出来たんだよ。その時ウェスはインターンを持つ映画監督のストーリーを撮っていたから、僕にインターン役を演じる機会をくれたんだ。大好きな監督の映画に一瞬でもいること自体が未だに信じられないよ

 と、ウェスの名前を出した途端目を輝かせて、最新作である「『犬ヶ島』見た!?」と聞いてくるほど彼の作品が大好きな様子が伝わってきた。

画像3: © 2004 Touchstone Television. All rights reserved.

© 2004 Touchstone Television. All rights reserved.

 そんな魅力たっぷりのマシューが大活躍するドラマ『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』シーズン1が、全国無料のBSテレビ局・Dlifeにて8月20日(月)からスタート、二か国語版で毎週月曜~水曜22:00~無料放送。

さらに、同じく全国無料のBSテレビ局・Dlifeでは、現在『クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪』シーズン9の二ヵ国語版を毎週日曜21:00~、字幕版を毎週土曜24:00~好評放送中。そして、8月12日(日)の21:00からは、シーズン9の第10話とシーズン1の第1話を2話連続放送。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.