映画『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』のジャパンプレミアのため、トム・クルーズと、ヘンリー・カヴィル、サイモン・ペッグ、クリストファー・マッカリー監督の4人が来日した。

23回目の来日となったトム

 7月18日にジャパンプレミアが行われる映画『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』。

 このイベントに先駆けて、来日記者会見が行われた。

画像1: 23回目の来日となったトム

 約2年ぶり、23回目の来日となったトムは、「日本に戻って来られて本当に嬉しく思っている。家に戻ってきたような気がするし、今回このように仲間と一緒に来られたことが嬉しい。この後のプレミアが待ち遠しいよ」とコメントし、親日ぶりをアピールした。

 また、トム演じるイーサンの前に立ちはだかる敏腕CIAエージェントのウォーカーを演じたヘンリー・カヴィルは、同作について「トムとマッカリー(監督)と仕事をできたことが最高だった。学ぶことも多かったし、シリーズの新しい仲間にくわわれて嬉しい」と感激の気持ちを表した。

さらに会見では、日本でも大きく取り上げられた、同作の撮影中に起こったトムの骨折事故についても言及。

 「あのシーンで骨を折ったんだ。飛び移るときに壁にぶつかったんだけど、その途端折れたと思った。でもその後、我慢して走ったよ(笑)。映画には、実際のそのシーンが使われているんだ」と明かし、「医者に診てもらったら9ヵ月かかると言われた。だけど僕は、6週間で撮影に戻ると伝えたんだ。そして、実際に6週間で戻った。その後、ロンドンでの撮影で、全速力で走ったよ(笑)」という、驚異的なエピソードも話してくれた。

画像2: 23回目の来日となったトム

 そんなトムの骨折の話に入ってきたのは、ヘンリー。「トムの怪我についてはかなり重要なことだけど、怪我したのは彼だけではないんだ」と神妙な面持ちで話し始めたヘンリーは「僕は紙で手を切って、3週間撮影を中止したよ」とジョークを飛ばし、スーパーマンを演じたこともあるヘンリーのおちゃめすぎるエピソードにトムをはじめ会場は爆笑の嵐に。

画像3: 23回目の来日となったトム

 予告編でも流れるトムが減りから落ちるシーンについても話は盛り上がり、サイモンは衝撃のシーンを見た当時の心境をこう明かした。

 「レベッカ(・ファーガソン)と一緒に、トムのヘリスタントのシーンを見ていたんだ。その当時は、彼がヘリから落ちることを知らなかったから、その様子を見てかなり驚いた。そして、残念ながら今日は早く撮影が終わることになると思ったんだ」と語った。

画像4: 23回目の来日となったトム

 マッカリー監督も、その時のことについて「ヘリからぶら下がっている荷物にトムが落ちたときに、ラジオ無線上でスタッフが、トムを失った!とパニックを起こしていたんだ」と明かすも、トムは「とても楽しかったよ!でも、みんなは楽しくないよね(笑)」とあっけらかんと振り返った。

画像5: 23回目の来日となったトム

 終始笑いの絶えない会見では、キャストと監督の仲の良さがつたわり、絶妙なチークワークが、劇中ではスリリングな映像で見ることができる。

画像: 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』本予告60秒 www.youtube.com

『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』本予告60秒

www.youtube.com

 そんな映画『ミッション・インポッシブル/フォールアウト』は、8月3日(金)に公開予定。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.