知っているようで知らない「飲む」ヒアルロン酸の効果について、長年にわたりヒアルロン酸の研究を行っているキユーピーが、ヒアルロン酸の経口摂取によるシワ抑制効果を発表。

 “保湿成分”のひとつとして、現在スキンケア商品の多くに配合されている「ヒアルロン酸」。スキンケアとしての「塗る」ヒアルロン酸は1gあたり6リットルの水分を貯える力によって、肌表面のうるおいをキープし、バリア機能のサポートなどで乾燥肌を改善する効果が期待できると言われている。

画像: 飲むヒアルロン酸の効果は?肌の水分値アップとシワ抑制が認められる

 長年にわたりヒアルロン酸の研究を行っているキユーピーでは、ヒアルロン酸のさらなる成分追及の一環として「飲むヒアルロン酸」について検証。その結果、ヒアルロン酸を「飲む」ことにより肌の水分値上昇効果のほか、「シワ抑制効果」も認められることが分かった。

シワの原因とは?

 皮膚老化の原因の8割は「太陽光、熱、喫煙などの外的要因」と言われ、その外因性老化のなかでも太陽光に含まれる「紫外線」が皮膚に対してもっとも影響が大きく「光老化」とも呼ばれている。

 光老化した皮膚は弾力と水分が失われて「シワ」が形成されるのも特徴。この「シワ」は、皮膚内のコラーゲンが紫外線によって分解されることも原因のひとつとなっている。

画像: シワの原因とは?

コラーゲンを守って増やすヒアルロン酸

 経口摂取したヒアルロン酸は、腸内細菌によって低分子化されて大腸から吸収されて、その後、血中や皮膚へと移行。皮膚内でのヒアルロン酸は「コラーゲン分解を抑制」するばかりでなく「線維芽細胞を増殖」するため、線維芽細胞で作られるヒアルロン酸やコラーゲンなどを合成促進するという。

画像: 低分子化されたヒアルロン酸は腸管から吸収され血中および皮膚に移行する。

低分子化されたヒアルロン酸は腸管から吸収され血中および皮膚に移行する。

 シワ形成の一因である「コラーゲンの分解を抑制」し「合成を促進」をするヒアルロン酸は、シワのできにくい肌環境をつくりながら、すでにあるシワも軽減する機能が報告されている。

ヒアルロン酸の皮膚での働きは?

 皮膚内でのヒアルロン酸は、紫外線によりコラーゲンが分解されるのを抑える「コラーゲン分解抑制」と、コラーゲンを合成する「線維芽細胞」に働きかけるので、抑制と合成促進の両方で効果を発揮してくれるのは、美肌の強い味方。

画像: ヒアルロン酸の皮膚での働きは?

 肌のうるおいキープだけでなく、紫外線ダメージによる光老化改善にも効果的なヒアルロン酸を、今年の猛暑で疲れた肌に取り入れてみては。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.