映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題:Once Upon a Time in Hollywood)』の撮影現場を激写。

 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題:Once Upon a Time in Hollywood)』は、1969年にチャールズ・マンソンを中心としたカルト集団「マンソンカルト集団」が、無差別に殺害した実際に起こった事件を基に作られたストーリー。
 監督を務めるクエンティン・タランティーノは、この作品の脚本を書くのに5年もの歳月がかかったとBusiness Insiderで語るほど思い入れのある作品。

画像1: ブラピ&ディカプリオ、撮影風景がイケおじ達のドライブすぎてやばい

 さらにすごいのは、同作の出演者。主演がレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットというだけでもすごいのに、大御所俳優のアル・パチーノやダコタ・ファニング、そしてマーゴット・ロビーなどの出演が決まっている。

 そんな公開前からの話題作が、ハリウッドで撮影しているところを発見。この日は、ブラッドとレオナルドが車に乗っているシーンの撮影だったようで、2人はアメ車に乗り込み撮影。

画像2: ブラピ&ディカプリオ、撮影風景がイケおじ達のドライブすぎてやばい
画像3: ブラピ&ディカプリオ、撮影風景がイケおじ達のドライブすぎてやばい

 この日ハンドルを握ったのはブラッドで、レオナルドは助手席に乗り込み、2人の豪華すぎるドライブが実現。

画像4: ブラピ&ディカプリオ、撮影風景がイケおじ達のドライブすぎてやばい
画像5: ブラピ&ディカプリオ、撮影風景がイケおじ達のドライブすぎてやばい

 もちろんタランティーノ監督も現場に登場し、2人に指示出しする姿も。

画像6: ブラピ&ディカプリオ、撮影風景がイケおじ達のドライブすぎてやばい

 この日の撮影にはブラッドとレオナルドしかいなかったものの、撮影は順調に始まっている様子。

 豪華な出演者で話題を呼ぶ映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題)』は、アメリカで2019年7月26日に公開される予定で、日本での公開日は未定となっている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.