シンガーのジェイソン・ムラーズがバイセクシャルであることをカミングアウトした。

 キリンビール グランドキリンのCMソングにもなっている「アイム・ユアーズ」で知られるジェイソン・ムラーズ(41)が、米Billboardのインタビュー中にセクシャリティの話題に触れ、こう明かした。

「男性とも経験があるよ。今の妻と付き合っていた時期にもね。『自分はゲイなのか?』と自問したけど、妻が明確に言い当ててくれた。妻は、アメリカ先住民が男女両方を愛せる人に使う『two spirit(トゥースピリット=2つの精神)』という言葉を使うんだ。自分としてはこれがすごく気に入っている」

 6月のプライド月間に「LGBTQコミュニティーへのラブレター」と題したポエムを米Billboardに寄稿し、その最後に「I am by your side(僕はあなたのそばにいる)」というフレーズの「by」をバイセクシャルの略である「bi」と書き、バイセクシャルであることを告白したのではと言われていたジェイソン。

 そんな彼が今回、はっきりとセクシャリティについて言及。

画像: ジェイソン・ムラーズと妻のクリスティーナ・カラーノ。アメリカ国内ではジェイソンのカミングアウトは温かく受け入れられているが、一方で、先住民でない彼が先住民の言葉を使用したことには一部で反発が起きている。

ジェイソン・ムラーズと妻のクリスティーナ・カラーノ。アメリカ国内ではジェイソンのカミングアウトは温かく受け入れられているが、一方で、先住民でない彼が先住民の言葉を使用したことには一部で反発が起きている。

 ジェイソンは2015年に一般人女性と結婚しており、7月に来日した時には「ある日訪れたコーヒー・ショップで声をかけたバリスタがいたんだ。それが今の奥さんなんだよ!」と、妻とのなれそめを日本のファンに明かしたばかりだった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.