人気ドラマ『ARROW/アロー』や『ティーン・ウルフ』などに出演する俳優のコルトン・ヘインズ(30)が、うっかり日焼け後の自分の姿を公開。そのあまりにも痛々しい姿に、フォロワーたちが悲鳴を上げている。

 普段からビーチやプールなどで過ごす上半身裸のセクシーなサービスショットをSNS上で公開しているソフトマッチョ系俳優のコルトンだが、この日は日焼け対策に失敗してしまったよう。

 「オー・マイ・ゴッド、みんな冬のほうが好きじゃない? 」というコメントともに彼がインスタグラムに投稿したのは、夏の強い日差しを浴びすぎて、まるでロブスターのように真っ赤になってしまった自分の姿…。

Omg don't you guys just love Winter? ❄️

A post shared by Colton Haynes (@coltonlhaynes) on

 アプリの色調補正機能を使って肌を赤く修正したのではないかという疑惑すら抱いてしまうほどの彼の重度の日焼けぶりには、「こんな痛々しい日焼け見たことない」、「日焼け止めをちゃんと塗らないと!」というコメントが殺到。

 心配したファンからは「ラベンダーオイルを塗るといいよ」、「メンソール入りのシェービングクリームが効くよ」などの独自のアフターケア法も寄せられた。

 彼らが挙げたケア方法が実際に効果があるものかどうかは分からないが、今のコルトンにとっては、この日焼け肌の赤みや痛みを鎮めることが何よりも先決のはず。「夏の太陽を甘く見てはいけない」という教訓を思い知らされるコルトンの1枚だった。 (フロントロウ編集部)

画像: ちなみに普段のコルトンは、クセの強いサーモンピンクのスーツもバッチリ着こなすほんのり日焼けイケメンです。

ちなみに普段のコルトンは、クセの強いサーモンピンクのスーツもバッチリ着こなすほんのり日焼けイケメンです。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.