リアリティスターのキム・カーダシアンが、愛娘のノースちゃんの髪の毛を「ストレート」にしたことに一部の人たちから批判が殺到。過去にも同じ理由で批判されたキムの口から語られた真実とは?

完ぺきすぎる「言い訳」で批判を一蹴

 先日、キム・カーダシアン(37)がインスタグラムに投稿した、夫でラッパーのカニエ・ウェスト(41)と長女ノースちゃん(5)の仲睦まじいツーショット写真を見た一部の人たちから、キムが“再び”ノースちゃんの髪の毛をストレートにしたことに対して批判の声が集まっている。

 じつは、今年6月にもノースちゃんの髪の毛を真っ直ぐに伸ばして、「子供の髪が傷むようなことをわざわざするなんて!」「自然なカーリーヘアのままでも十分美しい」といった批判を浴びていたキム。その際、過剰に反応する人たちに向けてこう反論していた。

 「ノースが自分でストレートヘアにしたいと言ったから、1度だけストレートにしてあげただけよ。ネットを見てたら、半永久的なパーマをかけたと勘違いして怒っている人がいたけど、実際はヘアアイロンで真っ直ぐに伸ばしただけ。もちろんエクステでもないわ。(中略)髪をストレートにした時はノースの誕生日で、(髪を真っ直ぐにするというのが)彼女の望みだったの。ノースが気に入ってたから、ニューヨークに行った時も同じようにしてあげた。でもその2回だけよ。もちろんノースの髪の毛を毎日ストレートにするつもりなんてないわ。ただ、1年のうち2回や3回ぐらいは許可してもいいと思ってる。彼女も気に入ってるし。でも、あの子は地毛のカーリーヘアもお気に入りよ」

画像: 完ぺきすぎる「言い訳」で批判を一蹴

 それから約1ヵ月が経過して、懲りずにノースちゃんの髪の毛をストレートにしたキム。しかし、今回はみんなの“早とちり”だったようで…。

 「彼女は1年に2回だけ髪の毛をストレートにすることが許されているの。誕生日当日と誕生日パーティの2回だけ。そして、この写真(上のインスタグラムの写真)は6月の彼女の誕生日の時に撮られたものよ」

 上のインスタグラムの写真は最近撮影されたものではなく、ノースちゃんが髪の毛をストレートにすることを許されている誕生日の時に撮影されたものであると、ピシャリとはねのけた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.