ディズニーの人気アニメ『くまのプーさん』を実写化した映画『プーと大人になった僕』に登場するプーについて、キャストが意外な性格を明かした。

「プーさんは禅師」

 9月14日よる日本公開される映画『プーと大人になった僕』に出演するクリストファーの妻を演じる女優のヘイリー・アトウェルが、映画に登場するプーさんの意外なキャラクターを明かした。

画像1: 「プーさんは禅師」

 今回の映画では、うっかりミスを犯してしまうといった、アニメで描かれるプーさんのゆる~いキャラクターが描かれると同時に、厳しい社会の荒波にもまれて悩む大人になったクリストファーの心に響く言葉をかけてくれることも見どころのひとつ。

画像: 「プーと大人になった僕」日本版予告 www.youtube.com

「プーと大人になった僕」日本版予告

www.youtube.com

 予告編のシーンで、「ぼくは“何もしない”を毎日やっているよ」とプーが言うように、ちんぷんかんぷんなのに肩の力がスッと抜けるプーの名言がたくさんある。

 そんなプーの名言について、ヘイリーはEWのインタビューで「世間知らずな発言だけど、じつはとても深い名言で、しかも笑えるでしょ。無知なプーさんが面白くてチャーミングで、そんなつもりなくて言うプーさんの発言は、禅師が発言しそう」とコメント。

 映画で描かれるプーのセリフが、まるで悟りを開いた禅師のようだと表現した。

 大人になるについて、忙しい毎日を過ごし忘れがちなことを思い出させてくれるプーの発言。

 プーの名言に癒される映画『プーと大人になった僕』は、9月14日に日本公開。本作のプロモーションでは、なんと主演のクリストファー役を演じるユアン・マクレガーの初となる来日が決定した。

画像2: 「プーさんは禅師」

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.