米サンフランシスコの人気観光地であるゴールデンゲートブリッジに巨大な死神が…。一体どういうこと⁉

吊り橋を見下ろす「死神」

 世界一美しい橋として知られる米サンフランシスコの人気観光地、ゴールデンゲートブリッジに、恐ろしいものが出現。

 サンフランシスコ湾の入り口に架かる大きな赤い吊り橋に手をかけ、橋を渡る自動車を見下ろしているのは、なんと巨大な死神。

Justin LeducさんはInstagramを利用しています:「 #cinema4d #sanfrancisco #bayarea #agameoftones #way2ill #thegraphicspr0ject #rsa_graphics #dailyrender #d_expo #mdcommunity #octane…」

www.instagram.com

 この世の終わりを見ているような死神が映った動画がインスタグラムに投稿されると、わずか1日で再生回数が100万回を突破。1週間経った今では、1,000万回を超える驚異的な再生回数を記録している。

 じつはこの動画、アニメーターのジャスティン・ルデュックが作った架空の動画。

 何度見てもCGとは思えないリアルな出来栄えに、まるで本物みたいという声が殺到。薄暗い空と海の流れが強くなり波が立っている悪天候、そしてヘリコプターから撮影したような演出も手伝い、限りなくリアルに近い動画を完成させたジャスティン。

 自殺の名所として名前があがることも多いゴールデンゲートブリッジ。そんな場所にCGで死神を合成するとは、もしこれが本当だったらと考えると身も縮む思いだけれど、怖いもの見たさに動画を何回も再生してしまう人も多いのでは?(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.