英国発の老舗ブランド「バーバリー(Burberry)」が新たなロゴとモノグラム柄を発表した。

 2018年3月に新チーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任したリカルド・ティッシがインスタグラムを通じて、よりシンプルに進化した新ロゴと「TB」の文字が絡み合うモノグラムを発表した。

Past | Future Thank you #petersaville #beginning

A post shared by Riccardo Tisci (@riccardotisci17) on

Thank you #petersaville #newera

A post shared by Riccardo Tisci (@riccardotisci17) on

 「#new era(新時代)」というハッシュタグとともにお披露目された、これらのロゴとモノグラムのデザインを手がけたのは、イギリス人アートディレクターのピーター・サヴィル。

 ラフ・シモンズがクリエイティブ・ディレクターに就任したカルバン・クライン(Calvin Klein)の新ロゴや、2010年にはサッカーイングランド代表のユニフォームをデザインしたことなどでも知られている。

 今回のバーバリーの新ロゴ&モノグラムは、リカルドが同ブランドのアーカイブをリサーチし、1908年製のロゴと創業者トーマス・バーバリーのモノグラムから着想を得て考案されたもの。

 同ブランドがロゴを刷新するいう大きなリブランディングを行うのは、じつに20年ぶり。リカルドは新ロゴ完成までのピーターとのメールのやりとりをインスタグラムストーリーで公開するなど、プロモーション面でも現代的な手法を取り入れて“新生バーバリー”をアピールしていた。(フロントロウ編集部)

画像: ©Riccardo Tisci / Instagram

©Riccardo Tisci / Instagram

This article is a sponsored article by
''.